お知らせ

TOP > お知らせ


2014/7/04  梶谷議長に石川幹事長より申し入れの後、記者発表を行いました。

政務活動費の透明性の確保に向けた取り組み等に関する申し入れ


 この度、野々村竜太郎議員が平成25年度に195回の日帰り訪問をした交通費として、政務活動費約300万円を支出していた問題で、収支報告書には不透明な内容が多く、議員本人から明確な説明がないことは、我が会派としても誠に遺憾である。

 本来、政務活動費は使途を明確にした上で、たとえ支払証明書により領収書の添付を省略する場合においても、訪問先、目的等を説明する義務があると考える。

 今回の野々村議員の対応は、本県議会の信用を失墜させる行為であるため、県議会として一刻も早く信頼を回復するよう望むものであり、次のとおり申し入れる。



1 野々村議員の政務活動費の不透明な支出については、使途を明確にした上で、県民が納得できる十分な説明責任を果たすよう求めること。

2 今後、政務活動費の収支報告書にさらなる正確性・透明性が確保されるよう、改めて全議員に対して周知徹底を行うとともに、現行の「政務活動費の手引」等の見直しを図ること。

平成26年7月4日

兵庫県議会議長

梶 谷 忠 修  様

兵庫県議会自由民主党議員団

幹事長 石 川 憲 幸





2014/7/03  野々村竜太郎議員の政務活動費に係る一件の報道等について

自民党議員団執行部の考え方


自民党議員団では、政務活動費の収支報告書については、正確性・透明性の観点から、県議会で定められた詳細な政務活動費手引きに基づいて、明確な作成と期限内報告に努めているところです。

今回の野々村県議の収支報告書については、旅費等について、不明確な記載が多くみられ、非常に遺憾に思います。

無所属議員であり、自民党議員団としてとくにコメントする立場にはありませんが、正副議長に対し、今後代表者会議や議会運営委員会の場で、野々村県議により一層明確な説明を求めるよう申し入れととともに、収支報告書に更なる正確性が確保されるよう、全県議に周知徹底するよう申し入れる予定です。



自由民主党議員団  幹事長 石 川 憲 幸