活動状況

TOP > 活動状況


2008/11/28  文教部会管外調査で京都府へ

来年、策定される予定の「ひょうご教育創造プラン(仮称)」のための調査・研究のために文教部会では京都府へ管外調査を行いました。



まず京都市立紫竹小学校で公開授業である「全校感動体験発表会」を視察。豊かな感性を持ち、生き生きと自分を表現し、伝え合い生き方を求める子を育むを研究主題とした取り組みで、道徳教育の治充実を図るのがねらいです。また「琵琶湖疎水」に取り組んだ先人の偉業を学習するなど、郷土にまつわる学習にも重点がおかれた教育が実践されていました。



午後からは京都府議会で「京都府の道徳教育の推進」で豊かな人間性を育む教育の推進について調査研究をしました。






2008/11/26  自民党県議団産業労働部会大阪へ管外調査



自民党県議団産業労働部会(小田毅部会長)の一行は、大阪産業未来館へ中小企業経営支援の取り組みについて調査を行いました。

また午後からは、東大阪宇宙開発協同組合を訪問し、今、話題になっている人工衛星「まいど1号」はじめ中小企業の技術革新の取り組みを調査しました。


2008/11/25  健康福祉部会管外調査で神奈川県・東京都へ



まず最初に神奈川県庁の病院事業庁から、平成22年度を目途に県立6病院について、一括して一般地方独立行政法人化に移行する取り組みを調査しました。

病院を地方自治体が設置するに至った経緯経過を、分かりやすく説明され、独法化に先立ち、厚木市にあった県立病院を市に移管した、という話に大いに関心が寄せられました。

その後、障害者を多く採用している「パソナハートフル本社」を訪ね実際の作業現場を視察。書類の仕分けなど忙しいところ「いらっしゃいませ」「こんにちは!」と元気に迎えてくれた皆さんに感謝しつつ、次の大手町のパソナ本社ビルの地下室で野菜などを栽培している現場も見学しました。



それから参議院議員会館に移動し前首相補佐官の山谷参議院議員と面談し、人権擁護法案の問題点について意見交換しました。



翌朝から参議院議員会館で、衛藤自民党厚生労働部会長を講師に研修の予定でしたが、急きょ参議院の本会議が開会されたので、傍聴をさせてもらいました。

その後、厚生労働省の担当官から、医師確保対策について、障害者自立支援法の見直しに向けて、などの説明を受け、意見を交換しました。

午後、”人権擁護法案”について日本大学へ行き百地章教授から法案の論点や問題点を聴いて、意見交換し調査を終えました。


2008/11/20  井戸知事に第3次環境基本計画について申し入れ



自民党県議団の検討チームで第3次環境基本計画について審議した結果を山本幹事長、藤本政調副会長は井戸知事に対して申し入れました。

「次世代に継承する環境適合型社会の実現」を基本目標に、日本の縮図・兵庫から全国に発信できる先導モデルの構築をサブタイトルに、生物多様性の保全など兵庫らしさを打ち出した内容になっています。

12月議会(※1)での審議、議決を経てから正式に策定されることになっています。



※1 12月4日より、平成20年第297回定例兵庫県議会が開かれます。

>>審議日程について詳しくはこちらをご覧ください。


2008/11/10  平成21年度予算編成にあたり井戸知事に申し入れ



幹事長副室にて第8回政調理事会を開催し知事申し入れについて、石堂政調会長より内容の最終確認をしました。

その後、特別会議室にて山本幹事長をはじめ、県議団執行部と正副部会長は、井戸知事に対して予算申し入れを行いました。

この度の申し入れは9月に申し入れた重要政策提言(※1)以降の社会情勢や政務調査会における活動などをふまえ、平成21年度予算編成にあたり、「重点申し入れ事項」として8本の柱のもと66項目、その他部会別申し入れ事項として120項目の申し入れを行いました。

井戸知事は「これから21年度予算編成にあたり具体的な作業に入っていくが、自民党県議団のご意見をふまえて、厳しい現状だからこそ目配りのできる予算を編成したいと思う」と語りました。



※1  9月に申し入れた重要政策提言はこちらからご確認いただけます。

>>提言申し入れの様子を見る

>>重要提言の内容を見る