活動状況

TOP > 活動状況


2007/6/1  自民党新体制決まる

自民党県議団の新執行部が決まりました。

幹事長:加茂 忍(川西市・川辺郡 4期)

副幹事長:栗原 一(揖保郡 3期)

副幹事長:松本隆弘(明石市 2期)

副幹事長:筒井信雄(西宮市 2期)



政調会長:田中あきひろ(西宮市 3期)

副政調会長:森脇保人(宝塚市 2期)

副政調会長:藤田孝夫(養父市 2期)

副政調会長:黒川 治(尼崎市 2期) 



県議会最大会派として、議会運営はもとより、県事業についても、従来通り大きな責任を負いながら、元気で活力ある兵庫県、安全安心な県民の暮らし、など県政の大局を見つめながら、細部にわたるチェック機能を維持しなければなりません。

 そのため特に本年度は、議員資質の向上を自らに課しながら、開かれた執行部を目指します。



■政策研究会(タスクフォース)の立上げ

 医療・福祉、環境、教育の3つのテーマで議員の主体的な政策研究を実践します。

■広報活動の充実

県行政情報を議員団全員で共有するため、県政の動き を毎週、メール送信します。

議員団ホームページを作成公開し、県政の動き、課題等を県民に公開します。

■部会の活性化

常任委員会単位の会派意思決定機関としての機能を高めていきます。